So-net無料ブログ作成

体操 内村 圧巻のV5! [体操内村]


2014年10月9日
中国・南寧で、体操男子個人総合決勝が
行われました☆

注目は、やはりこの男☆
世界選手権、前人未到の5連覇を狙う、
日本体操男子のエース 内村航平選手(25)コナミです
uchimura1.JPG

世界選手権 体操男子個人総合結果
1位 内村航平   91.965点
2位 ウィットロック 90.473点
3位 田中佑典   90.449点

内村航平選手、見事5連覇達成です!

内村選手の演技は、得意の床から始まりました。
圧巻だったのは、すべての着地において、
見事に成功し、”王者”としての力と貫禄を
見せつけました。

そして更に圧巻は4種目目の跳馬でした。
全力疾してからの跳馬を使った空中ひねりの
演技となるので、着地では1歩程度のズレは
世界のトップ選手でもよく見られる光景です。

その難しい跳馬で内村選手は、一歩も動くことなく、
見事な着地を見せつけてくれました☆

解説者も思わず、『凄すぎますね・・』と
ため息に近い解説をしていました。

6種目目の得意の鉄棒では、フィニッシュの着地こそ、
半歩やや前に動いてしまったものの、6種目を終えて、
全選手中、唯一の『全種目15点台』を叩き出し、
圧巻のV5を達成しました。

試合後のインタビューでは、
『ずっと思ってやってきたことは、ミスをしないということと
やっぱり着地ですね。
目指してきたものなので、すごく嬉しいですけど、
でも素直に喜べない部分もあるというか・・
毎回こんな感じです』
と、笑顔を見せた。
常に上を見ている内村選手ならではのコメントです☆

更に個人総合では、”体操3兄弟”として知られる、
末っ子である田中佑典選手が、悲願の銅メダルに
輝きました。
uchimura2.JPG

団体戦で、36年ぶりの悲願の金メダルを狙っていた
体操男子でしたが、結果は惜しくも中国に僅か
0.1点差で大逆転負けを喫してしまい、嫌な
ムードだった日本でしたが、そんなことはお構いなしの
男子個人総合の素晴らしい結果でした。

残すところ、種目別が残っていますので、
更にメダルを目指して、頑張ってもらいたいものですね。

頑張れニッポン!

【記事 Ange】





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。